MENU

ニキビ跡にも有効なグリチルリチン酸2k、その効果とは?

 

 

ニキビやニキビ跡に有効とされているのが、グリチルリチン酸2k、という成分です。

 

ドラッグストアなどの販売店で扱っているニキビケア商品のほとんどに、入っている成分です。

 

グリチルリチン酸2kがなぜニキビ・ニキビ跡に良いのか、その効果について詳しく解説します!

 

 

グリチルリチン酸2kとは、どんな成分?

 

この成分の原料は、漢方や甘味料として用いられている、「甘草」の根っこや茎です。

 

甘草には抗炎症作用があり、昔から甘草そのものが処方されてきた歴史があります。

 

現代でも薬としての有効性が認められており、風邪薬やアレルギー薬の成分としても使われています。

 

 

グリチルリチン酸2kの効果は?

 

万能薬のような活躍を見せるグリチルリチン酸2kですが、美容に良い成分としても知られています。

 

特に、ニキビに対しては以下の効果があります。

 

 

・ニキビの炎症を抑え、赤みを改善する

 

・美白作用により、色素沈着によるニキビ跡を改善する

 

 

他にも、アレルギーによる炎症や肌荒れを抑える効果があります。

 

美白化粧水などの化粧品にも配合されている事が多く、お肌に安心して使える成分です。

 

 

グリチルリチン酸2kでニキビケアをするなら?

 

多くのスキンケアに配合されているグリチルリチン酸2kですが、商品選びに迷ってしまうのではないでしょうか?

 

特に、ニキビやニキビ跡に特化した効果が欲しいのであれば、男性向けスキンケア「薬用デニーロ」がおすすめです。

 

 

薬用デニーロにはグリチルリチン酸2kに加え、美白作用のある水溶性プラセンタなどの有効成分が入っています。

 

これで、頑固に残るニキビ跡まで手軽にケアできますよ!

 

薬用デニーロを扱っている販売店はこちらです。

 

⇒薬用デニーロの公式サイトはこちらから

 

 

グリチルリチン酸2kには、危険な副作用があるって本当?

 

グリチルリチン酸2kは、ニキビ跡のケアには必須と言っても良い有効成分ですが・・・

 

一部では、副作用があるから危険!との声もあるようです。

 

グリチルリチン酸2kで懸念される副作用とは何なのか、安心して使えるのは本当なのか、検証していきます。

 

 

グリチルリチン酸2kの副作用の正体とは?

 

グリチルリチン酸は、その特性から「ステロイド」に似ているとも言われています。

 

しかし、副作用の強いステロイドとは異なり、危険な成分ではありません。

 

 

グリチルリチン酸2kで副作用が起こるケースの多くは、成分を内服したときです。

 

内服すると、まれに吐き気やだるさ、むくみといった副作用が出るという報告があります。

 

 

なので、肌に塗るだけならほとんどの場合、心配は要りません。

 

天然由来の成分なので、敏感肌やアレルギーの人に対しても、安全性が高いです。

 

 

グリチルリチン酸2kのおすすめ商品は?

 

グリチルリチン酸2kは元々安全性の高い成分ですが、どんな商品でもニキビ肌に有効、というわけではありません。

 

配合量が多すぎたり、他の成分の影響で、かえって肌に悪影響が出る可能性もあります。

 

販売店で安売りされている商品は、品質面でも不安です。

 

 

男性用で、かつニキビケアにも最適な商品といえば、「薬用デニーロ」です。

 

男性に多い脂性肌に最適な配合量となっており、高い保湿効果のおかげで、ニキビ跡の治りが早いと評判です。

 

毎日使うことで、ニキビをはじめ、肌荒れやカミソリ負けなどの予防にもなります。

 

薬用デニーロを格安で購入できる販売店は、こちらです!

 

⇒薬用デニーロの公式サイトはこちらから


関連ページ

男性に多いニキビ跡と、その原因とは?
ニキビ跡が消えない…男性に多いニキビ跡。原因と対策方法を紹介します。

メニュー

このページの先頭へ